猫のフィラリア症って?

猫フィラリア

犬しか感染しない病気と言われていたフィラリア症ですが、猫にも感染することがわかり近年では室内で生活している猫も感染する可能性があると言われている恐ろしい病気です。犬と猫でもフィラリア症の症状は変わってきます。

フィラリアが成長するには犬の体内が最も適していると言われますが、反対に猫の体内では成長することができず、成虫になるスピードも遅くなります。症状が出ずらく症状が出始めたときには危険な状態と言われ、突然死して初めて猫がフィラリア症に感染していたと気付くことも少なくないそうです。そのため猫のフィラリア症についての認知が遅れた原因ともいわれています。

猫は犬に比べ抵抗力が強くフィラリアが寄生する数も少ないと言われていますが、フィラリアは成虫にもあるとおよそ30センチもの大きさになります。心臓の大きさが小さい猫のとってたった1匹の寄生虫でもダメージがとても大きいのです。

犬は主に心臓や肺に寄生しますがまれに他の主要臓器に寄生します。猫の場合、それに加えて脳に侵入してしまう場合もあり犬と違う点の1つとされています。

猫のフィラリア症の主な症状

◆咳
◆運動をしなくなる
◆元気がない
◆嘔吐
◆食欲不振
◆血色素尿
◆うつっぽい状態
◆失神
◆嗜眠

猫の体内にいるフィラリアの寄生数が少なく食欲不振や眠っていることが多くなるだけの一見軽そうな症状や、何も起きず無症状の猫もおり突然死してしまうケースもあります。フィラリアの寄生数が多くなると、何かをつっかえているような咳をしたり末期症状ではお腹に水がたまったり、血尿がでたりします。

猫フィラリアの予防

犬から犬への直接感染はないとされていますが、犬から猫への感染はあるとされているため犬のフィラリア感染が多い地域で生活している場合は十分に注意が必要です。猫は犬にくらべフィラリアの症状が見つけにくいためきちんとしたフィラリア検査を受けたほうが良いでしょう。しかし、猫のフィラリア症はまだ確定的な検査方法がなく犬と同じ検査方法で行われています。

フィラリア感染が多くなるのは、蚊が飛び始め活発になる4月~12月だと言われています。犬と同じように蚊が飛び始めた1か月後~蚊が飛ばなくなった1か月後まではきちんと予防薬を使うことが大切です。地域によって気温や気候はさまざまですので、地域に合わせた時期で予防することが重要になってきます。

ページの先頭へ