フィラリアってなに?

感染

犬糸状虫と呼ばれており、17~30センチほどの細長くひものようになっている寄生虫です。その寄生虫の感染が原因で犬・猫・イタチ・まれにヒトも感染する病気がフィラリア症と言います。心臓や肺の血管に奇声して血液の栄養で生きており、心臓・肺だけでなく、他にも様々な主要臓器に異常を起こす恐ろしい病気です。

フィラリアをもつ蚊にさされることが原因で発症しますが、症状が出づらく気付かないこともあるため気付いた時には危険な状態になっていたり、突然死してしまうケースも少なくないそうです。

蚊が飛んでいる時期をフィラリア症予防をしないで3回過ごしたイヌは、100%の確立で感染しているそうです。犬と猫を一緒に飼っている家も多いと思いますが、その場合は特に犬の感染に特に気をつけなければならないということですね。犬や猫を飼っている人は飼い主が1年を通してきちんと予防してあげることで、防げる病気です。

なぜフィラリア症(症犬糸状虫症)にかかるのか

フィラリアは、体長約12~13センチぐらいの寄生虫で成虫だと30センチにもなると言われています。体内部にミクロフィラリアを持っている蚊に刺されることが原因でなります。フィラリアは体内部に入り込み、ミクロフィラリアを血液中に産みます。

イヌの体内部はフィラリアの成長に最も適した環境とされてますが、ネコの体内部では成長しづらいため、血液の中をまわり蚊に取り込まれるのを待っています。取り込まれた後ミクロフィラリアは蚊の体内で2回ほど脱皮して、この蚊が刺した場所からミクロフィラリアが入り込みます。フィラリアは体の中で約2~3ヵ月かけて成長します。最後は心臓のほうに行き、その後約3~4ヵ月ほどで成虫となります。

猫の体内で成虫になることはあまりありませんが、免疫の状態によっては早く成長し成虫になることもあります。蚊がいる環境で生活していればフィラリア症(犬糸状虫症)にかかる可能性はあり、屋外で生活している犬・猫のほうが刺される可能性高くなり、感染する危険性も高まります。

屋内で生活していても散歩中に刺されたり、屋内で生活していても散歩中に刺されたり、最近では、部屋の中で飼われているネコフィラリア症を発症すると言われています。猫のフィラリア症(症犬糸状虫症)は犬に比べ認知度が低く、確定的な検査方法がいまだ確立されてないと言われています。

ページの先頭へ