フィラリア症はどの時期に感染するの?

時期

フィラリア症は蚊に刺されることによって感染する病気です。そのため気候がだんだん暖かくなり蚊が活発になり始める4月頃からフィラリア症には注意が必要になります。しかし、地域によって気温や気候などそれぞれのため、地域でフィラリア症の予防薬を使う時期なども変わってくるため注意が必要です。

また蚊が頻繁に飛ぶ環境にいる場合は、犬のアフィリア症感染率が高くなります。フィラリアに感染していなくてもフィラリア症の犬の血を吸った蚊に刺されれば感染してしまいます。また犬から猫に感染するため、イヌとネコが一緒に生活している環境であれば検査をしにいき、予防薬を使うなど予防することが大切です。

予防薬を投与し始める時期

4月~12月は蚊が活発になる時期と言われており、フィラリア症に非常に感染しやすいためきちんと予防したほうがいい時期となります。フィラリアの予防薬は、蚊が飛び始めた1か月後から予防薬の投与を始め、蚊が飛ばなくなってから1か月ぐらい経つまでは毎月1回与えなければならないと言われています。

自己判断で予防薬の投与をやめてしまうと、それまでに与えた薬の効果がなくなり、フィラリアに感染してしまうので注意が必要です。気候などは地域によっても違うので、フィラリア予防薬を投与する時期も変わってきます。気候の暖かい地域へ引っ越しなどで行く場合は投与する時期が長くなるということを知っておくと良いでしょう。フィラリア予防薬を使う時期を間違えると予防の意味がなくなってしまうので、気を付けましょう。

「薬を飲ませることができない」「月1回だと忘れてしまう」などの場合は、半年・1年とフィラリア予防の効果が持続する注射をすることで予防できるものもあるので、かかりつけの医師に相談してみると良いかもしれません。

薬のタイプ別で与える時期は違う?

<注射タイプ>
注射タイプは1年中いつでもフィラリアを予防することができるため、秋や冬の間に打つことができます。そのため春はフィラリア予防で病院が混むので避けることができるのもメリットの一つですよね!また、注射タイプは成長途中の子犬には使えません。

<飲み薬タイプ>
飲み薬のフィラリア予防薬には2つ種類があり、エサのような味がついて食べやすいチュアブルと呼ばれるタイプと、錠剤の薬タイプの2種類です。どちらも蚊が飛び始める時期になったら月に1回約7か月間与える必要があります。地域によって与える時期の長さは違くフィラリア感染する時期も変わるので注意です。

<スポットタイプ>
スポットタイプは液体を皮膚に滴下するタイプのお薬です。スポットタイプにはフィラリアだけでなく、ノミの予防も一緒にできるものがりよく使われているお薬の一つです。スポットタイプのお薬も蚊が飛び始める時期から月に1回約7か月薬を与える必要があります。

ページの先頭へ