フィラリア症(症犬糸状虫症)とは?

フィラリア

フィラリア症は別名犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)症と言います。元は犬がかかる病気とされていた病気ですが、死亡例も出ているため猫も発症することがわかり病です。犬猫だけでなく、イタチやまれに人間にも感染すると言われており、フィラリアが成長するのに最も適した環境が犬の体内であることから、犬の感染が一番多いと言われています。

フィラリア(filariasis)と呼ばれる寄生虫がイヌやネコの心臓に寄生することで発症する感染症のことをいいます。このフィラリア症は、蚊を媒体としてうつるもので、肺の動脈や心臓の右心房に寄生します。成虫はおよそ30cmの大きさになります。血管に寄生する寄生虫なので、発症すると体の血流が悪くなります。

また、猫は犬に比べて寄生数が少ないと言われており、フィラリアに寄生されても症状がほぼみられないこともあるため、急に死んでしまうこともあります。そのため猫は犬に比べフィラリア症の診断が難しく、症状がみられたときにはすでに危険な状態まで進んでいる場合がほとんどです。なのでフィラリア症に感染しないためには予防がとても大切です。近年では、室内で生活しているネコも感染してしまうことが調査でわかっています。

フィラリア症(犬糸状虫症)の症状

フィラリア症に感染したらどのような症状がでるのか、また犬や猫で症状も変わってきますので犬と猫それぞれまとめてみました。

犬の症状

◆慢性的な咳る
◆散歩を嫌がる
◆走ったり、激しい運動ができなくなる
◆元気がない
◆主要臓器の機能不全
◆お腹に水がたまる
◆運動中に失神する
◆呼吸困難
◆白目や歯茎が黄色くなる
◆血尿

フィラリア症感染し犬の症状は寄生虫の数で変わるようです。初期段階で症状はほぼ見られず、症状が出ないこと多いので見逃してしまう場合もあるそうです。病気が進行することで最初に気付くのは咳です。悪化してくると散歩を嫌がるようになり、心臓や肺にダメージを与えており、肝臓や腎臓など主要臓器に影響が出るため体にも異変が出始めます。

痩せたりお腹に水がたまったりして最終的には死んでしまいます。屋外で飼育なされている犬は特に感染するリスクが高く、蚊が出始める5月~11月頃が特に注意が必要ですが、冬場にも出る種類もいるため定期的に様子をみて異変がないかなど確認することが大切です。

猫の症状

◆喘息のような咳
◆息切れ
◆呼吸困難
◆嘔吐
◆食欲不振
◆体重減少
◆疲れ
◆元気がない
◆運動を嫌がる

猫のフィラリア症は犬とは違い、肺の病気と言われているそうです。猫は犬に比べて抵抗力が強く、フィラリアの幼虫が体内に入っても成長するのが遅いため成虫になることは少ないです。しかし免疫の状態では成長のスピードが速くなったり、症状がひどくなったりすることもあります。

苦しそうに呼吸をしたり、変な咳や食事が原因ではない吐き気・嘔吐、食欲不振など様々な症状がある中でこれらが特に多い症状ですが、健康そうに見えている猫でも肺や心臓などはダメージでやられており、突然亡くなることもあります。

ページの先頭へ