フィラリア症を予防するためには

予防

フィラリア症はきちんとした予防をすれば防ぐことができる病気です。蚊が飛ぶ環境にいる限り、感染するリスクはあるためきちんとした予防が重要です。

犬のフィラリア症(犬糸状虫症)の予防法

<予防薬を飲ませる>

一般的なフィラリア症の予防薬は1か月ごとに飲ませなければいけません。フィラリアが体内に入り、活動する準備が整うまで2か月ほどかかると言われています。そのため、フィラリアが体内に入ってから心臓などの臓器に移動するまでは、犬の体に変化は起きません。フィラリアが体内に入ってもフィラリアが皮膚の下にいる状態で消滅すれば大丈夫ということになります。

どのタイミングで感染しても、臓器へ異動する前に体内のフィラリアを消滅させるために、1か月に1回のタイミングが良いのです。1か月に1回きっちり同じというわけではなく、犬の体調などを考え与えることが大切です。

<薬をの与える始まり・終わりのタイミング>

蚊が飛ぶようになる1か月後に投薬開始・蚊がいなくなった1か月後に投薬終了。薬を与える時期は蚊が飛んでいる期間によって変わります。地域や気候によって薬を与える時期は変わり、寒い場所から暖かい場所へ異動する場合は薬を与える期間をのばさないといけません。

寒くなってきたから蚊もいなくなったなどと自己判断して薬を与えるのをやめてしまうことは一番やってはいけないことです。数か月の期間フィラリア症の予防をしてきた意味がなくなってしまうので注意しましょう。

猫のフィラリア症(犬糸状虫症)の予防法

<予防薬を飲ませる>

フィラリア症によるダメージはネコの方が大きいと言われています。またフィラリア症の多い地域は、猫のフィラリア症感染も高くなります。5月~12月頃は月1回予防薬を与え、猫の体内に入ったミクロフィラリアが成長する前に月1回完全駆除することで予防することができます。

屋外にいる猫だけでなく、室内で飼われている猫もフィラリア症に感染することが近年でわかってきているため予防したほうが良いでしょう。猫は犬に比べフィラリア症を発症してから発見まで気付かないことが多く、すでに危険な状態なんてこともあるので予防してあげましょう。

<薬をの与える始まり・終わりのタイミング>

またネコに使うフィラリア症の薬には、ノミやダニなどの駆除も一緒にできるものあります。最近では5月~12月の期間だけでなく1年を通してフィラリア症の予防薬を与えることも勧められています。フィラリア症にかかる前に、体調などをしっかり把握して薬でしっかり予防してあげることが大事です。

ページの先頭へ